地域政策研究の拠点「法政大学 地域研究センター」

GREETING センター長挨拶

ご挨拶

今日の社会進化に最も期待される役割

法政大学総長 
田中優子

日本は高度経済成長期に地方から都市部へ多くの人口が移動し、その結果、地域コミュニティは弱体化しました。その地域を、原子力発電所や米軍基地が拠点とすることによって、あたかも地域の振興がおこなわれたかに見えましたが、しかし国内の矛盾を押しつけるだけの結果になっています。
さらにその後、農業、漁業、林業などの衰退、各地の災害、少子高齢化が進み、地域はさまざまな問題をかかえています。今日の日本の課題は地域に集中していると言っても過言ではありません。
だからこそ、研究やデータの蓄積、歴史的知見から得たコミュニティ再生の方法、調整機能のノウハウ、公平な判断力が必要です。大学の研究者や学生たちは、これからの世界のためにも、その能力を蓄積すべく、地域と強い協力関係を築いていく必要があります。
法政大学地域研究センターは、日本社会の活力あふれる生活空間創造に貢献する目的で開設されました。すでに多くの地域社会・自治体と協力して着実に成果を挙げていますが、地域とともに歩むことで、本センターが社会により貢献できるよう、大学としても尽力していきたいと思います。

「地方住民が安心して豊かな生活をおくる」研究を

地域研究センター所長 
小林 尚登

法政大学地域研究センターは、日本における地域研究のひとつの拠点になっていると自負しております。本研究センターは「地方住民が安心して豊かな生活をおくる」という究極の目的に向かって研究を進めております。蓄積された多くの知見や調査実績を基に、現在も数多くの地方自治体との共同プロジェクトを実施中です。
「住民が安心して豊かな生活をおくるための施策」は、ウェルビーングデザイン(wellbeing Design) という言葉で表現することができます。ウェルビーングとは、人々がより良い状態 (身体的、精神的、社会的に良好な状態) で 日々を過ごすことであり、これは法政大学の研究を表すキーワードのひとつです。この点を鑑みますと本研究センターが法政大学に設置されている理由がご理解頂けると存じます。
今後益々、本研究センターは地方行政組織や地方住民への啓蒙活動や、新しい生活スタイル提言に寄与したいと思っておりますので皆様のご指導ご鞭撻をお願いします。

地域社会への窓口として

特任教授 
岡本義行

法政大学地域研究センターは法政大学と全国各地をつなぐ架け橋です。 今や閉じられたシャッター街や人通りの少ない商店街は全国どこにでもみられるようになりましたし、 中山間地をはじめ過疎地域の現状は深刻度を増すばかりです。 こうした問題の解決をお手伝いするのが地域研究センターの役割です。
地域研究センターはまた、地域問題を海外の研究機関と連携して研究するとともに地域振興や 人材育成に関わる情報をWeb上で提供しています。
絶えず新しい知識や情報を蓄積しながら地域との連携をとおして、新しい研究と教育スタイルを開発 するのも当センターの役割です。